CONTACT

〒701-0192 岡山県倉敷市松島577

Tel 086-462-1111 

  • 川崎医科大学附属病院 高度救命救急センター

© 2017 Kawasaki Medical school hospital Emergency medicine

 < 特色と研修医へのメッセージ >

診断と治療の進歩にはたいへんめざましいものがありますが、その時々の最高レベルの力量を備えた救急医を育てることを目標としています。
 以ような研修により、バランスのとれた、守備範囲の広い、自信にあふれた、心優しい救急専門医を育てることができると自負しています。

 

日本救急医学会専門医取得コース

  • 高度救命救急センター 救急科専門医育成研修プログラム

  • 地域連携型 救急科専門医育成研修プログラム

  • 循環器系 救急科専門医育成研修プログラム

  • 脳神経外科系 救急科専門医育成研修プログラム

研修実績

福井大学医学部附属病院、聖路加国際病院、聖隷浜松病院、順天堂大学医学部附属静岡病院、岡山中央病院、和歌山県立医科大学附属病院、九州医療センター等との間で研修交流を行っている。

到達目標、取得できる資格、経験できる症例、手技など

日本救急医学会が提示する認定医、専門医、指導医に必要な症例、手技は全て経験・修得可能であり、3年~5年~10年で関連学会等も含め各資格の取得が可能です。

プライマリ・ケアにおける初期対応能力の修得を目標とします。そのためには(a)common diseaseの診療ができる、(b)緊急度・重症度の判断ができる、(c)手術適応の判断ができる、(d)心肺蘇生ができる、(e)外傷初療ができる、(f)地域医療に対応(従事)できるという6つの項目を身に付ける必要があります。これらを医師にとってのminimum requirementsと呼ぶことにします。これは当院救急外来を受診する患者の中でも軽症~中等症に分類される患者の診療を行うことができる医師をイメージしたものであり、一般的な二次救急病院の救急外来当直であればおおむね上級医師の助けがなくても診療できるレベルを想定しています。

minimum requirementsを身に付けた上に、(a)軽症~重症救急患者の診療指導ができる、(b)緊急度・重症度の判断・処置の指導ができる、(c)手術適応について指導できる、(d)蘇生(心肺停止、各種ショック、多臓器不全)の指導ができる、(e)外傷初療の指導ができる、(f)地域救急医療施設を運用できる、という能力を身に付けた救急専門医の育成を目指します。これは当院救急外来を受診する患者の中でも中等症~重症に分類される患者の診療を行うことができる医師であって、また、ドクターヘリ搭乗医師として現場に出動でき、救命救急センターにおいても救急診療の中心的役割を担うことができるレベルを想定しています。